金正男氏殺害で日本人の北朝鮮旅行が増加 「恐ろしさを知らない」と元赤旗平壌特派員が絶句 (4/5ページ)

2017.3.5 13:11

2016年1月1日から運転を始めた北朝鮮の新型地下鉄車両
2016年1月1日から運転を始めた北朝鮮の新型地下鉄車両【拡大】

  • 平壌中心部の「万寿台の丘」。故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花するため、豪華な花を運ぶ親子=2016年、北朝鮮
  • 北朝鮮の首都、平壌。「タクシーが増え、スマートフォンを持つ人が激増している」と慶次郎さん=2016年
  • 平壌の高麗ホテルでの朝食。コーヒーは1ユーロ=2015年、北朝鮮

観光気分で行く場所ではない

 大手検索サイトで「北朝鮮旅行」と検索すると結果は2480万件以上に。旅行記のブログなども散見されるが、北朝鮮は日本人拉致や大韓航空爆破事件、核ミサイル開発やテロ事件、さらには住民への人権弾圧など、「ならず者国家」だ。そんな国になぜ行くのか。

 「平和な日本で育ち、北朝鮮の怖ろしさを知らない者ならではの行動」と指摘するのは、ジャーナリスト、萩原遼さん(80)だ。萩原さんは新聞「赤旗」の元平壌特派員で、北朝鮮の圧政の実態に気づき国外追放になった。

 「13歳だった横田めぐみさんが拉致されてから、40年近くにもなる。拉致被害者は何十年も帰りたくても、帰れない。日本人妻も同様だ。すぐに里帰りできると、だまされて北朝鮮に送られた。その人たちのことを考えれば、観光気分で行ける場所ではないことは分かりそうなものだ」。

 在日朝鮮人男性と結婚し1960年代の帰国事業で北朝鮮に渡り、10数年前に脱北した関西在住の日本人女性(77)には、北朝鮮に残した娘がいる。

 「連絡を取りたくても取る手段もないし、会うこともできない。北と関係する人間の行き来は認めず、何も関係ない人たちにだけ門戸を開くなんて」と悔しさをにじませる。

北朝鮮ツアーへの参加は、現政権を利するだけ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。