「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木氏 加計学園獣医学部阻止を“約束” (2/2ページ)

加計学園疑惑調査チームの初会合で、発言する民進党の玉木雄一郎幹事長代理(奥左)=17日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)
加計学園疑惑調査チームの初会合で、発言する民進党の玉木雄一郎幹事長代理(奥左)=17日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)【拡大】

 文部科学省は獣医師の数が足りているとして、獣医学部の新設・定員増に関して「抑制的に対応する」と通達しており、過去52年間、獣医学部は新設されていない。

 しかし、今治市は「地域偏在の解消」などを掲げて獣医学部の招致運動を展開。それに呼応する形で、加計学園は愛媛県今治市に岡山理科大学獣医学部を新設する計画を進めてきた。

 同市が国家戦略特区に指定されると、昨年12月には国家戦略特区諮問会議が特区内の獣医学部新設を容認。約50年ぶりに獣医学部が新設される可能性が高まっている。

 それに対し、日本獣医師会は激しく反発し、蔵内勇夫会長もホームページ(HP)で繰り返し、新設計画への反対を表明。玉木氏は計画に関する記録文書を巡る「総理のご意向」について、国会で追及の急先鋒となっている。(産経新聞WEB編集チーム)