【上海摩天楼】中国自動車市場に「2018年問題」 新エネ車の現地生産義務化 (4/4ページ)

上海モーターショーに出展し注目を集めた中国電気自動車(EV)ベンチャー、蔚来汽車(ネクストEV)=4月19日、上海市(河崎真澄撮影)
上海モーターショーに出展し注目を集めた中国電気自動車(EV)ベンチャー、蔚来汽車(ネクストEV)=4月19日、上海市(河崎真澄撮影)【拡大】

 すでに供給過剰状態

 さらに、中国政府のNEV規制で日米欧メーカーと渡り合えると踏んだ国内メーカーが、競ってNEV生産能力の拡大に乗り出した問題もある。今年1~6月のNEV生産台数は19.7%増の約21万2000台。販売台数との比較で、供給過剰状態がすでに始まったことがうかがえる。電機など他業界からの新規NEV参入も相次いだ。

 中国メディアの推計によると国内メーカーすべての増産計画が実現すれば、20年のNEV年産能力は700万台を大きく上回る。需給バランスを考えない供給過剰がここでも起きる。

 その上、NEVは補助金が減れば減るほど価格の高さが目立ち、航続距離の短さや充電問題も消費者の頭を悩ませる。中国製電池の品質も安定せず、火災事故など安全性への懸念も根強い。電池劣化の恐れから、「中古車」として再登場するケースも期待できないのが実情だ。

 日系自動車メーカーのある幹部は、「NEVはカーシェアリング用やタクシー向けなど、当局の管理が行き届くシステムに乗って普及させるのが現実的だろう。いきなり消費者やメーカーに厳しい課題を押しつけるべきではない」と頭を抱えた。産業政策ありきの拙速なNEV規制は“荒業”だ。「2018年問題」は、世界最大の自動車市場を大きく揺るがしそうだ。(上海 河崎真澄)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。