ロッテの重光昭夫会長に猶予判決  創業者は実刑、長男無罪

 横領罪などに問われた韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名・辛東彬)被告(62)に対し、ソウル中央地裁は22日、懲役1年8月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。求刑は懲役10年、罰金1000億ウォン(約105億円)だった。

 父で創業者の武雄(同・辛格浩)被告(95)は懲役4年、罰金35億ウォン(求刑・懲役10年、罰金3000億ウォン)の実刑。兄、宏之(同・辛東主)被告(63)は無罪(求刑・懲役5年、罰金125億ウォン)とした。

 昭夫被告らは共謀し、実際には業務を行っていない宏之被告らに役員報酬名目でグループから計約500億ウォンを支払わせたとする特定犯罪加重処罰法上の横領罪や、系列映画館の売店の運営権を親族が経営する会社に不正に与え、グループに損害を与えた背任罪などで在宅起訴されたが、地裁は一部の罪についてのみ有罪とした。(共同)