ガソリン小売価格 22週ぶり値下がり

 経済産業省資源エネルギー庁が21日発表した19日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、13日時点の前回調査より20銭安い144円70銭だった。昨年9月以来、22週ぶりに値下がりした。灯油は暖房需要を背景に22週続けて上昇し、18リットル(一般的なタンク1個分)で1円高い1587円となった。

 調査した石油情報センターによると、原油価格が落ち着き、ガソリン価格にも反映された。来週はガソリン、灯油とも値下がりが見込まれるという。

 地域別のガソリン価格は30都道県で下落した。下げ幅は山口の90銭が最大で、青森、群馬の80銭、福島、愛知の70銭の順に大きかった。秋田や大阪、長崎など11府県は横ばい。値上がりは6府県で、上げ幅は沖縄の80銭が最も大きく、京都、静岡の20銭が続いた。

 ハイオクは1リットル当たり20銭安い155円50銭。軽油は前回調査と同じ122円90銭だった。