アップルとサムスン和解 7年越しのスマホ特許訴訟

 米アップルと韓国サムスン電子のスマートフォンのデザインを巡る7年越しの特許侵害訴訟で、カリフォルニア州の連邦地裁で27日、両社の和解が成立した。和解条件は開示されていない。

 この訴訟は、アップルが2011年、スマホ「iPhone(アイフォーン)」のデザインをまねたとしてサムスンを提訴。地裁陪審は12年、10億5千万ドル(約1100億円)の賠償金の支払いをサムスンに命じた。

 米メディアによると、控訴審が認定した賠償額の妥当性を巡って、係争が続いていた。サムスンによるデザイン特許の侵害はすでに確定しているという。(共同)