訪日客、20年に4000万人「視野に」

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、訪日外国人旅行者数の推計が年間3000万人を上回るペースとなっていることに「今年に入ってアジアのみならず、欧米、オーストラリアなど幅広い地域から訪日客が増えている。2020年に4000万人(とする政府目標の達成)も視野に入ってきた」と述べた。観光庁が18日に発表した推計では、今年上半期(1~6月)の外国人旅行者数は前年同期比15.6%増の1589万8900人だった。菅氏は「地域の文化財を観光資源とするなど、効果の高い施策を実行することで目標を実現したい」とした。