日中首脳、来月24日会談へ 経済協力強化で関係改善

 日中両政府は、安倍晋三首相と習近平国家主席の首脳会談を10月24日に北京で開催する方向で調整に入った。会談では経済分野を中心に協力を深め、関係改善の流れを確実にしたい考えだ。首相は日中平和友好条約の発効から40年となる10月23日に北京入りし、25日まで中国に滞在する予定。日中関係筋が27日、明らかにした。国際会議への出席を除いた首相の訪中は2011年12月の野田佳彦前首相以来、約7年ぶりとなる。安倍首相は習氏や李克強首相ら最高指導部メンバーと会談し、先端技術分野での協力を話し合う「イノベーション対話」の設立や、金融危機時に互いの通貨を融通し合う通貨交換協定の再開で合意する見通し。自由貿易の重要性や北朝鮮問題での連携も確認する。

 関係筋によると、安倍首相は23日午後、北京に入り、同日夜は平和友好条約発効40周年を祝う式典に出席。24日に一連の会談に臨むほか、故宮や万里の長城を見学する案が出ている。