著作権法改正案 自民党が了承見送り

 自民党は8日の総務会で、インターネット上の海賊版対策として政府が今国会への提出を目指す著作権法改正案について了承を見送った。改正案は違法ダウンロード(DL)の規制対象を現行の音楽・映像から全著作物に拡大することが柱。党内から「ネット利用を萎縮させる」と懸念の声が上がり、安倍晋三首相がDL規制拡大の項目削除を指示したため、党文部科学部会などで改めて議論する。

 加藤勝信総務会長は8日の記者会見で「本来は漫画家や関係者らが守られるべきものとして議論されたと思うが、逆に懸念が出てきた。懸念がどこから生まれてきたのかしっかりと議論してほしい」と述べた。

 柴山昌彦文科相は記者会見で「関係者の意見を踏まえ、効果を確保しつつ、正当な情報収集に萎縮が生じないよう議論を進めたい」と述べた。