海外情勢

中国、「令和」の商標登録申請1300件突破

 日本で先月1日に元号「令和」が発表されて以降、中国で「令和」を含む商標の登録申請が相次ぎ、これまでに1300件を超えた。中国では清朝を最後に元号は使われていないが、発祥の地として元号への関心が高く、商機と捉えた中国の企業などが申請しているようだ。

 中国商標局が運営するサイトによると、「令和」のほか「令和屋」や「令和最強」など「令和」を使った商標登録の申請は5月11日現在で計1314件。分野は食品や衣料など多岐に及ぶ。

 うち1件は河北省の個人が酒類の商品名として2017年に登録を申請、昨年商標権が認められている。そのほかは「令和」発表後の申請で、当局による審査中だ。

 同サイトによると、「平成」を含む商標登録の申請は1993年以降70件余りで、申請を認められたケースが多い。中国当局は近年、知的財産権の保護の観点から関連の審査を厳しくしており「令和」の商標登録をどの程度認めるのかどうかは見通せない。

 日本では新元号を使った商品名やブランド名は原則として商標登録できない。(北京 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus