専欄

ファン・ビンビンが怒りを買うなか…チョウ・ユンファが再注目 (1/2ページ)

 ファン・ビンビン(范冰冰)事件は、日本と中国ではフォーカスされた点が微妙に違う。日本では人気女優失踪がメインだったが、中国はもちろん脱税である。その手法と額の大きさは、庶民の怒りを買った。(ノンフィクション作家・青樹明子)

 背景には、中華スターたちの「天の価格の出演料」がある。巨額な出演料と豪勢な生活ぶりは、以前から色々議論の対象となっていた。

 俳優の胡兵さんが日本のバラエティー番組で自ら紹介したところによると、購入した自宅は5000万元(約7億8563万円)、プラス内装費に500万元かけたという。趣味はファッションで、所有する衣服や靴などは合計で2億元に上るという。

 女優で歌手の劉嘉玲さんは、着用する服は全てブランド物で、価格は低く見積っても1着10万元以上。女優兼作家の林青霞さんは、美容院でヘアカットする際、一回1万元以上かける。

 スター女優の趙薇さんは、子供を香港の学校に入れるために、香港で10億元以上の家を買ったらしい。女優・歌手の黄聖依さんは、子供のために遊園地とスキー場を作り、自宅で使用するごみ箱はルイ・ヴィトン製で、価格は6万元だという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus