ビジネスアイコラム

色丹島の実効支配強めるロシア プーチン氏、開発進め“汚名”返上 (1/2ページ)

 ロシアのプーチン大統領が今月上旬、露極東ウラジオストクでの安倍晋三首相との会談の直前に、北方領土・色丹島で行われた水産加工場の稼働式典にテレビ中継で参加するパフォーマンスを行った。色丹島は日ソ共同宣言で平和条約締結後の日本への引き渡しが明記された島で、日本の領土要求に譲歩しない姿勢を強く誇示した格好だ。プーチン氏の行動からはまた、同島統治における露政府の過去の“汚名”をすすぐ狙いもうかがえる。

 「成功を祈る。素晴らしく、やりがいがあり、そして何よりも重要なことだが、良い給与が支払われる仕事であることを確信している」。プーチン大統領は5日、色丹島で露企業「ギドロストロイ」が建設した水産加工場の稼働式典にウラジオストクからテレビ中継で参加し、工場従業員らに祝意を述べた。短い言葉の中に、色丹島への実効支配強化を進める明確な意志が伝わってきた。

 色丹島は面積が248.94平方キロメートルで、4島全体の5%に満たない規模の島だ。人口は、人が居住しているとされる3島中、最も少ない2917人(2016年時点、北方領土問題対策協会まとめ)にとどまる。

 色丹島は1994年10月に発生した北海道東方沖地震で壊滅的な打撃を受け、その後も経済回復の遅れなどから人口が流出。56年の日ソ共同宣言で、歯舞群島とともに平和条約締結後に日本に引き渡されると記されていることなどから、「日本に引き渡すことを視野に、あえて開発されていないのでは」との観測も絶えなかった。

 潮目が変わったのは2016年4月のことだ。プーチン大統領が国民の質問に直接答えるテレビイベントで、色丹島の水産工場で働いていたという女性従業員らが中継で出演し、半年分の賃金が未払いになっているなどとプーチン氏に訴えた。番組はロシア全土に放映され、プーチン氏が番組内で調査を命じ、10分後にはサハリン州検察が同工場への捜査開始を発表した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus