国内

サウジアラビア石油施設攻撃で菅官房長官 「国民生活に悪影響ないよう対応」

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は17日午前の記者会見で、サウジアラビアの石油施設が攻撃され、原油価格の急騰が懸念されていることについて「関係国や国際機関と連携し、国民生活に悪影響が出ないようにしっかり対応していきたい」と述べた。

 石油施設への攻撃が石油の安定供給に与える影響については「国際エネルギー機関は現時点で市場は潤沢な商用備蓄により十分供給されていると発表している」と説明した。

 米国が攻撃にイランが関与したと断定していることに関しては「米国をはじめとする関係国と連携しながら情報収集、分析を進めており、現時点で予断をもってお答えすることは差し控えたい」と述べるにとどめた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus