国内

日米貿易協定合意 経団連「歓迎する」

 経団連の中西宏明会長は日米貿易協定の最終合意について、「(世界の)国内総生産(GDP)の約3割を占める日米が、実質半年に満たない短期間でバランスのとれた合意に達したことを歓迎する」とのコメントを発表した。

 日本商工会議所の三村明夫会頭は、農産品輸入について「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の水準内にとどめる一方で、日本車への追加関税や数量規制など管理貿易的措置を、協定の履行中は求めないことが共同声明に盛り込まれた」ことを高く評価した。

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事は「今後は日米両国が連携し、世界貿易機関(WTO)におけるデータ流通や電子商取引に関するルール作りを牽引してほしい」と期待感を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus