国内

松井大阪市長、株主代表訴訟を「準備」 関電問題

 大阪市の松井一郎市長は30日、関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取った問題をめぐり、筆頭株主の大阪市として株主代表訴訟の準備をしていることを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。

 松井氏は「準備は進めている。大阪市民の財産を毀損(きそん)したことについて責任を問うのはわれわれの役割だ」と述べた。

 松井氏は「受益者が納得する形で関電の責任を問いたい」と強調。「企業の信頼を取り戻してほしい。この機会に膿を全て出す覚悟を示してもらいたい」とも話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus