国内

ポイント還元、事前調べでお得に ケースさまざま…入念な下調べが肝心 (1/2ページ)

 消費税増税と同時に始まるのが、キャッシュレス決済でのポイント還元策だ。増税後の消費の落ち込みを抑制するとともに、現金を使わないキャッシュレス決済を広めようと考えられた政策で、うまく使いこなせば、増税前よりも“お得”に買い物ができるケースも多くなりそうだ。ただ、対象を中小店舗に絞り、大手企業のフランチャイズチェーン店は別途ルールを設けた結果、事業規模でポイント還元率が異なるなど制度は複雑化しており、現場では混乱も予想される。

 ポイント還元策はクレジットカードや、スマートフォンのQRコード決済など、現金を使わずに買い物をした際、購入額の一定割合を国がポイントとして還元する制度で、中小店舗だと5%、大手のフランチャイズチェーン店だと2%が戻ってくる。来年6月末まで実施し、関連費用として2019年度予算で2798億円が計上されている。

 現場の混乱を最小限にするため、政府はポイント還元の対象店舗であることが分かるように、ポスターなどを作製し各店舗に配布しているほか、スマホ用のアプリを作成。対象店舗や還元率、使えるキャッシュレス決済の種類などが調べられるようにした。楽天市場など主要なインターネットショッピングサイトもポイント還元の対象だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus