国内

成長力向上へ緩和継続 日銀の布野審議委員

 日銀の布野幸利審議委員は3日、松江市での講演で、物価安定目標や経済成長力を高めるために「強力な金融緩和を息長く続けるべきだ」との認識を示した。世界情勢が国内経済に与える影響に関し「海外経済の減速が続いており、物価上昇の勢いが損なわれることに注意が必要だ」と強調した。

 日銀が掲げる2%の物価上昇目標の実現に向けて「緩和的な金融環境が企業や家計の経済活動を刺激している」と述べた。需要が供給を上回る状態に「大きく貢献している」とも述べ評価した。

 今後の日本経済は、中国や米国と比較し、規模拡大で成長していくことは難しいと指摘。省力化への投資など「生産性向上の取り組みが物価上昇を促す」と説明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus