国内

万博財務委員長に三井住友FG会長 資金集め指揮、強い営業基盤期待

 大阪・関西万博の運営主体となる官民組織「2025年日本国際博覧会協会」の財務委員会の委員長に、経団連副会長で三井住友フィナンシャルグループ(FG)会長の国部毅氏が就くことが分かった。民間企業が負担する約400億円の会場建設費の資金集めを率いる。

 博覧会協会が23日に財務委員会の設置を決め、委員長に国部氏を選任する予定だ。幅広い企業から寄付を募る資金集めは難航が予想され、関西でも強い営業基盤を持つ三井住友FGの国部氏が適任と判断したとみられる。

 建設費は約1250億円と試算され、国と地元自治体、民間で3分の1ずつ負担する。関西経済連合会などは地元経済界が約200億円、住友グループ主要企業で構成する「白水会」が約100億円をそれぞれ拠出する案を検討。経団連に残り約100億円の取りまとめを要請している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus