国内

豚コレラ防疫対策本部を設置 飼育豚にワクチン接種へ 静岡県

 静岡県藤枝市内で死んでいた野生イノシシが豚コレラ陽性と確定したことを受け、県は24日、豚コレラ防疫対策本部(本部長=川勝平太知事)を設置し、畜産農場へのウイルス侵入防止に向けた対策の徹底を申し合わせた。

 農林水産省が県内をワクチン接種推奨地域に指定したことから、今後県は同省と調整しながら、飼育豚への感染を防ぐため予防的なワクチン接種を行う。加えて、全農場で緊急消毒用石灰による一斉消毒を実施する。

 県は、農場の周囲に野生動物侵入を防ぐ柵を設置する畜産農家に対する追加補助を行うほか、県中部を中心に野生イノシシの捕獲と感染確認検査を強化する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus