国内

地域医療構想実現が不可欠 諮問会議で安倍首相

 政府は28日、経済財政諮問会議を開き、高齢化の進展に伴う社会保障制度の在り方について議論した。安倍晋三首相は「持続可能で安心できる地域医療・介護体制を構築するためには、地域医療構想を実現することが不可欠だ」と述べ、病院の再編統合などを進める地域医療構想の実現に意欲を示した。

 この日の会議では、民間議員からも民間病院を含めた過剰病床の削減など地域医療構想を後押しする意見が出た。民間病院については、過剰地域の病床再編に関する分析を2019年度中に示すべきだと提起した。

 地域医療構想をめぐっては、厚生労働省が9月に再編議論が必要とした424の公立・公的病院名を公表。対象となった医療関係者からは「実情を踏まえていない」などと反発が出ている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus