国内

「無理をしない介護」が漫画に 義足の理学療法士が出版

 相手の力を利用して介助を行うことを提唱し「義足の理学療法士」として知られる福辺節子さん(65)=大阪府守口市=が、「マンガでわかる無理をしない介護」(誠文堂新光社)を出版した。適切な支え方と声かけが特徴の「福辺流」は、力がない女性でも体の大きな男性を介助できると評判を集めている。「いざ介護が必要になったときに役立ててもらえれば」。そう話す福辺さんはどんな方法を編み出したのか。(小泉一敏)

 「こちらが力ずくでやってはいけません。相手が動こうとする力を引き出すのです」

 たとえば、相手に椅子から立ってもらう場合は、両手をもって腕を引き、前に誘導。重心が移動したらこちらの腕を支えにしてもらい、立ち上がるのを待つ。体を上に持ち上げようとしないことがコツだという。

 重要なのが声かけだ。特に認知症の人は、いきなり体に触れられたり、腕を引っ張られたりすると驚き、暴れてけがをする危険もある。介助の前には必ず「起きていただいていいですか」などと目を見ながら声をかけ、一呼吸置くことで、心の準備をしてもらうという。

 「きちんと声かけをすれば、相手の動きを引き出すことができる。言葉でのコミュニケーションが難しい方でも、こちらの思いは相手に届きます」と福辺さんは断言する。

 実際にこうした「福辺流」で、寝たきりだったのが起き上がって食事ができるようになった人もいるという。

 理学療法士になって約35年。リハビリ施設での勤務などを通じて実践を積み重ね、医療・介護職や一般の人を対象にセミナーを開いてきた。原点は大学3年のときに経験した交通事故。同乗していた車がスリップして崖下約90メートルに転落し、左下肢を失った。

 義足となった自分が、理学療法士になるための専門学校に通いだしてリハビリの実習をしていると、いいあんばいに力を抜けた介助ができた。両足で踏ん張ることができず、バランスがとりづらいことが、かえって良かったのだという。

 病気や事故など、家族の介護が必要になる場面は突然やってくる。その際には「大変であっても、ぜひ家族で介助を経験してほしい」という。

 たとえ1日でも経験すれば、介護の質に対する目が養われるからだ。施設に預ける場合にも、消費者として介護のやり方に関心を持てるようになる。結果的にいいかげんな施設が淘(とう)汰(た)され、業界の質も上がる。

 もちろん、無理は禁物だ。「介護は家族だけではできない」。高齢者が高齢者を介護する「老老介護」を余儀なくされても、公的な支援をうまく活用することは必須だという。

 福辺流の極意とは何か。福辺さんは「介助はする側とされる側で分けてはうまくいかない。お互いが平等な立場で協力することです」と話している。

 

 「マンガでわかる無理をしない介護」は、福祉ジャーナリストの代(よ)居(すえ)真知子さんとの共著。A5判176ページで、1540円(税込み)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus