海外情勢

10月の100都市住宅価格は依然伸び悩み

中国新聞

 中国指数研究院によると、中国100都市の2019年10月の新築住宅1平方メートル当たり平均価格は前月比0.15%上昇の1万5073元(約23万3700円)で、伸び率は前月より0.16ポイント縮小した。例年は9、10月と住宅価格が上昇するが、今年は住宅規制や国慶節(建国記念日)の長期休暇も影響し、3カ月連続の鈍化となった。10月は62都市で価格が前月から上昇、32都市で下落、6都市が横ばいだった。地域別では、長江デルタ地域と中西部の一部が比較的好調で、江蘇省南通市が前月比3.03%増、同江陰市が同2.25%増などとなった。重点都市では供給量が前月よりやや減少し、需要面では在庫の消化が進まないほか、購入意欲が減退している。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus