13日の東京株

200円安 割高感から利益確定売りが優勢

 13日の東京株式市場の日経平均株価は反落した。最近の相場上昇で割高感が生じ、当面の利益を確定する目的の売り注文が優勢になった。終値は前日比200円14銭安の2万3319円87銭で、1週間ぶりの安値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は7営業日ぶりに反落し、9.34ポイント安の1700.33。

 平均株価は前日に節目の2万3500円を超えて取引を終えており、反動で13日は朝方から多くの銘柄が売られた。低調な決算を公表した銘柄が目立ち、投資家心理を冷やした。トランプ米大統領が12日に行った講演は米中貿易協議の大きな進展を示す内容ではなく、13日の東京市場では失望感がにじんだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus