太陽の昇る国へ

香港の自由を守れ 幸福実現党党首・釈量子

 --香港で、警官隊とデモ隊の衝突が激化している

 背景には、10月末に行われた中国共産党の重要会議「4中全会」で示された、習近平主席の強い意向があります。11月4日、習主席は香港のキャリー・ラム(林鄭月娥)行政長官に「高い信頼を寄せている。暴動を止め、秩序を回復することが最も重要な任務だ」と期待を寄せましたが、そこから一気に弾圧が激化しました。

 特に、香港警察が21歳の男性に実弾を発砲し、香港中文大学や香港理工大学を急襲したことは、市民の怒りを沸騰させ、世界に衝撃を与えました。

 折しも、米紙ニューヨーク・タイムズが、新疆ウイグル自治区における弾圧の実態を記した中国政府の内部文書を入手し、リークしました。習主席が「容赦するな」と指示していることも暴露されましたが、香港でも同様の姿勢で臨むなら、弾圧はさらにエスカレートする可能性があります。

 --世界から非難が上がる

 香港警察は「大学が火炎瓶の製造拠点になっている。犯罪者の隠れみのになっている」と学生を暴徒扱いしましたが、台湾の蔡英文総統は「白色テロだ」と非難しました。白ユリがフランス王権の象徴であったことから、為政者が反体制派に行う弾圧を「白色テロ」と呼びます。かつて台湾も国民党政府による白色テロを経験しましたが、蔡氏は、学生が大学構内に踏み込んできた軍や警官に拘束されたことに触れ、「台湾がようやく抜け出した暗闇に、香港は足を踏み入れてしまった。私は沈痛な気持ちで、ここで踏みとどまるよう香港政府に呼びかけます」とメッセージを発し、香港にエールを送りました。

 香港警察が使用している催涙弾にも、世界中から懸念が高まっています。催涙弾には化学兵器に使われる猛毒のシアン化水素を発生させる成分が高濃度で含まれているという現地報道もあります。これが、一般市民の住居や会社が密集する地域にも撃ち込まれています。私の知人も会社に立ち込めた催涙ガスで負傷し、現地では乳幼児を含む市民が多数、苦しんでいます。人権上、看過できません。

 --こうした中、19日には、米議会上院が「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決した

 同法案は、中国が香港の「一国二制度」が機能しているかどうかについて、米国務省に検証させ、年次報告書の作成を義務付けるものです。20日には下院が同法案を可決し、トランプ大統領に送付されました。大統領選を控えるトランプ氏は、共和党寄りの保守層が多いとされる地方の農業従事者への配慮から、米中貿易交渉の合意を優先するという見方もありますが、拒否権を発動して議会に差し戻しても再可決される可能性が高いのでサインすることになりそうです。

 法案はまた、香港で人権侵害があれば、米国が香港に与えてきた経済的な特権を剥奪できるとしており、香港経済にとって厳しい側面があります。しかし、あらゆる自由が奪われつつある香港市民にとって、「第二の天安門」を牽制(けんせい)し、米国は香港の味方だと世界に発信する同法案の意義は絶大です。

 下院では、香港警察に催涙ガスやスプレーやゴム弾などの輸出を禁止する法案も可決し、トランプ大統領に送付しています。こうした米国議会の動きは、香港情勢に心を痛める世界中の人々にとっても、大変頼もしく見えることでしょう。

 米中の対立は、貿易不均衡の問題からハイテク分野の覇権争い、さらには金融分野にも戦線が拡大し、香港政策にも及ぶこととなりました。一時的な妥協はあろうとも、米国は中国の「国家資本主義」という国の構造や価値観を問題視しており、地球の正義を懸けた衝突は激しくなると予想されます。

                   ◇

【プロフィル】釈量子

 しゃく・りょうこ 1969年、東京都生まれ。国学院大学文学部史学科卒業。大手家庭紙メーカー勤務を経て、94年、宗教法人幸福の科学に入局。常務理事などを歴任。幸福実現党に入党後、女性局長などを経て、2013年7月より現職。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus