海外情勢

プーチン大統領「新兵器開発で世界に先行」と豪語 極超音速兵器「アバンガルド」誇示

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は24日、「(ロシアを除き)世界のどの国も極超音速兵器を持っていない」とし、ロシアの軍事技術は世界をリードしているとの認識を示した。原子力推進の魚雷やミサイルなど他の新兵器開発も予定通りに進んでいると強調。米露間の軍備管理体制が確立されるまでは、ロシアは核戦力の増強を続けるとの考えも改めて表明した。2019年の軍事分野の成果を総括する露国防省の会合での発言。

 プーチン氏は、原子爆弾や戦略爆撃機、大陸間弾道ミサイル(ICBM)といった新兵器開発で旧ソ連は常に米国に後れをとってきたと指摘。その上で現在のロシアは世界で唯一、極超音速兵器「アバンガルド」を保有しているとし、「現在はロシアが追いかけられるという歴史上、ユニークな状況だ」と述べた。

 プーチン氏は、ロシアはアバンガルドのほかにもレーザー兵器「ペレスベト」など新兵器を保持していると強調。さらに新型ICBM「サルマト」や原子力推進魚雷「ポセイドン」、原子力推進巡航ミサイル「ブレベスニク」など、一連の新兵器の開発も計画通りに進んでいるとした。

 ショイグ国防相は「今週中にアバンガルドを装備した初のミサイル部隊が配備される」と明らかにした。

 プーチン氏は米露間の核軍縮・軍備管理体制にも言及。8月に中距離核戦力(INF)全廃条約が失効したことで「米国によるアジアや欧州へのINF配備を監視していく必要がある」と述べた。また、2021年に期限が切れる新戦略兵器削減条約(新START)について「ロシアは新たな合意に向けて協議する用意があるが、協議がまだ始まっていない以上、核戦力を強化し続ける」と述べ、米国を牽制した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus