国内

経団連、狙う「年功序列・終身雇用見直し」 春闘方針、ベアは容認姿勢

 経団連は21日、2020年春闘で経営側の指針となる「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)を発表した。賃上げは「前向きに検討する」ことを基本とした。基本給を底上げする「ベースアップ(ベア)は選択肢」と容認しつつも、勤続年数に応じた一律ではなく、成果や職務、若手や中堅への重点配分など多様な方法を求めた。

 加えて、「(社員の働きがいや熱意を示す)エンゲージメントを高めるための総合的な処遇改善が両輪になる」と強調した。同日会見した経団連の大橋徹二副会長・経営労働政策特別委員長は「総合的な処遇改善を労使で進化させたい」と労組側に呼び掛けた。

 一方で、デジタル社会の競争で付加価値の高い製品やサービス、イノベーション(技術革新)を生み出すには、日本型雇用制度が転換点だと問題提起。「新卒一括採用や長期・終身雇用、年功型賃金を前提にした企業経営が時代に合わないケースが増えている」と日本型雇用見直しの必要性を強調した。

 その上で、人工知能(AI)など最先端分野で優秀な人材を確保するには、職務を明確にして専門性を評価する「ジョブ型」雇用の活用を促した。当面は、新卒一括採用で社内研修や仕事の中で経験を積む「メンバーシップ型社員」が中心だとしながらも、ジョブ型社員が活躍できるよう「複線型人事制度」の構築を訴えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus