海外情勢

オーストラリアの森林火災でコアラ数万匹が焼死か 他の野生動物にも甚大な被害

 オーストラリアで森林火災の被害が拡大し、昨年から20人超が亡くなったほか、数万匹のコアラが焼死したとみられている。焼失面積は北海道を超える約1000万ヘクタールに達し、他の野生動物にも甚大な被害が出ている。

 政府はこのほど、20億豪ドル(約1500億円)を投じ復興支援機関の新設を発表したが、モリソン首相の対応の遅れに批判が出ている。一方で、国内外から支援の寄付金が寄せられている。

 南半球のオーストラリアでは毎年、夏を迎える12月ごろから森林火災が多く発生するが、昨年は9月ごろから本格化。主な原因は高温と乾燥だ。

 同国気象庁は、昨年の平均気温が観測史上最も高く、平均降水量は過去最少だったと発表。インド洋の海面温度の変化などが原因とみられる。コアラが食べるユーカリに油分が多いことも被害を拡大させた。

 連邦政府関係者は東部ニューサウスウェールズ州内で8000匹が焼死したと推計。南部カンガルー島でも被害がひどく、野生動物公園は、島内での犠牲が2万5000匹に達しているとの見方を示している。

 コアラは2016年現在で同国に33万匹が生息しているとの推計があるが、10万匹を切っているとみる保護団体もある。繁殖ペースは1年半から2年に1匹程度で、個体数の回復が危ぶまれる。

 モリソン首相は昨年12月、公表せずに家族でハワイ旅行に出掛けたことが批判され、休暇を切り上げて帰国。今月予定した日本とインド訪問を延期し、軍の予備役約3000人を招集し対応に当たっているが、訪れた被災地で住民にやじを浴びせられている。

 地元メディアによると、住宅2000棟以上が損壊し、経済的損失は20億豪ドルに達したとみられる。(シドニー 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus