国内

西村担当相がTPP参加意欲の英国訪問を検討

 西村康稔経済再生担当相は4日の記者会見で、欧州連合(EU)を離脱した英国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に意欲を示していることについて、「参加を歓迎したい」と表明した上で、兼務するTPP担当相として英国訪問を検討していることを明らかにした。

 西村氏は日英間が日EUの経済連携協定(EPA)を踏まえ、「EU離脱後の新たな経済的パートナーシップの構築に速やかに取り組むことは首脳間で一致している」と指摘。英国はEUとの貿易交渉を最優先で考えているとしながらも、事務レベルで連絡を取りながら、国会の状況を踏まえて「タイミングを見ながら英国訪問を考えていきたい」との意向を示した。

 ジョンソン英首相は3日、EU離脱後初めての演説で「日本やTPP加盟国との交渉に取り組んでいく」と述べ、TPPを伝統的な関係を持つ英連邦の国々と同様に重視し、貿易交渉を進める考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus