国内

菅官房長官、皇位継承策の本格検討は4月以降と明言 識者聴取すでに着手

 菅義偉官房長官は10日の衆院予算委員会で、国会から求められている安定的な皇位継承策について、本格的な検討は4月19日からの「立皇嗣の礼」の終了後になるとの見通しを初めて明言した。男系維持のための継承策として有力視される旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰をめぐっては、男系男子子孫に復帰の意思確認をしていないと明らかにした。今後も予定はないという。

 菅氏は同時に、有識者への意見聴取に既に着手したことも認めた。立憲民主党の山尾志桜里氏への答弁。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus