国内

首相記者会見全文(9)「アビガン、病院の倫理委を通っていれば使える」

 =(8)から続く

 --アビガンやレムデシビルが効くという情報がある。病院に行ったら使えるようになるのは、いつ頃と見込んでいるのか

 「現在、日本の薬であるアビガン、あるいはオルベスコ、フサンというものがある。レムデシビルというのはアメリカの薬でありますが、日米で治験を行っております。アビガンについてはすでに120例を超える投与が行われており、症状改善に効果があったという報告も受けています。また、世界30カ国以上からアビガンを日本から送ってもらいたい、提供してもらいたいという要望も実は来ているわけであります。現在、3月31日から企業治験を実施をしており、今後希望する国々と協力しながら、臨床研究を拡大するとともに薬の増産をスタートすることとしています」

 「そして、今のお話は、例えば私たちが感染をして、入院をして、アビガンを使ってもらいたいと思ったら使えるのかということだと思います。ご承知のように催奇形性という副作用がありますから妊婦の方は使えませんが、それを十分に認識した上で先生たちも処方されると思います。先生にアビガンを使ってもらいたいと言ってですね、その病院の倫理委員会において使えるということになっているとすれば、それは使っていただけるようにしていきます」

 「これは観察研究の中で行っていくということになり、いわば治験のルートではありませんが、観察研究という形で、先ほど申し上げました、(投与を希望するという)そういう皆さんに使っていただきたい。患者さんも、先生に自分はアビガンを使いたいと思えば使いたいと言っていただければ、病院の倫理委員会で通っていれば、それは使えるということになるんだろうと。すでに、いくつかの病院では倫理委員会でアビガンが使えるということになっているというふうに承知をしております」

 --緊急事態宣言の効力は本日からか。何時を目途に効力が有効になるのか

 「これ官報に載った段階かな。細かいんですが、官報にいつ載るのかちょっと(事務方『今夜中』)」

 --店舗に対する休業の要請について。20平方メートル以下の店舗についてはどうなるのか。自治体側とどのように調整を進めるのか

 「合計が1000平方メートル以下の施設についてですね、厚生労働大臣が定めて公示する対象業種や施設については、これまでに発生したクラスターの例を踏まえ、指定する方針であります。これはちょっと誤解があるんですが、これは個別の店舗、会場等を対象とする措置であって、例えば地域等を指定してその業種全体に制限を行うものではありません。

 例えばAというお店があって、ここで問題があるということになれば、このAというところを指定するということになりますから、このAが属している業種全体あるいは地域全体をするものではないということであります」

 「また、理髪店でありますが、これまでにクラスターが発生していません。発生していないということを踏まえてですね、今回厚生労働省告示において公示する対象としては考えていません。なお、国として理美容については国民の安定的な生活の確保のために事業継続することが必要なサービスと考えておりまして、この点東京都知事と西村大臣との間で今調整を行っているところであります。

 このほか、保育所や放課後児童クラブについては必要なものを預かりが提供されるように規模を縮小して実施するなど、適切に対応していく方針であります。

 介護施設についても、これも高齢者の皆さんにとって必要な施設であり、感染防止の対策を講じていただいて、今相当皆さん講じていただいていると思いますが、講じていただいた上でですね、引き続き開所をいただくという方針になります」=(10)に続く

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus