ローカリゼーションマップ

クールジャパンは欧州ラグジュアリー戦略を参考にできる 試される総合力 (3/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 欧州でラグジュアリー領域が成立するに、いくつかの要素が根底にある。まず産業クラスターである。南仏の香水、ドイツのゾーリンゲンの刃物、イタリアのヴェネツィアのガラスなど多数の産業クラスターが、いわば「聖地」のように存在する。

 一方、ロンドン、パリ、ミラノといった都市は、いわゆるブランド通りがあるだけではない。博物館や美術館などラグジュアリー領域のストーリーを語ってくれる場がある。また、レベルの高いビジネススクールでラグジュアリーマネジメントを学び、アートスクールでデザインを修めた人たちが、欧州各国のハイエンドな企業に散っていく。

 そして、フランスワインを世界に広めるために確立した営業システムとしてのソムリエのような仕掛けが、各種の分野で用意されてきた。あるいは、この数年、EUの環境政策と同期するようにラグジュアリー分野の各社はサステナビリティへと注力をはじめている。社会意識に敏感な政策でリーダーシップをとるEUとラグジュアリー領域が重なるのである。

 また、フランスのコングロマリットが発揮する統率力に依存する中央集権的な形態と、イタリアの各社が独自に「我が道をゆく」分散型形態が併存している。

 これらをみていると日本において企業レベルと政府レベルが何を考え、どこで協力すべきで、どこで協力すべきではないのか、という一連のヒントが浮上してくる。いずれにせよ、総合力が試されているのは言うまでもない。

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『「メイド・イン・イタリー」はなぜ強いのか?:世界を魅了する<意味>の戦略的デザイン』『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus