国内

新型コロナワクチン、国内初の治験開始へ 大阪市立大審査委が承認

 新型コロナウイルスに対するワクチンの実用化を目指す大阪大発のバイオ企業「アンジェス」は25日、人に投与する国内初の治験を大阪市立大で近く始めると発表した。大阪市立大病院の審査委員会が実施計画を承認した。治験の対象は30人で、被験者募集会社などを通じて参加者を募集して投与。来年春から秋には国の製造販売承認を取得したいとしている。

 ワクチンは3月から開発に着手。使うのはDNAワクチンと呼ばれるタイプで、ウイルス表面にある「スパイクタンパク質」を作る遺伝子を投与すると、体内でこのタンパク質が作られ、免疫がその特徴を覚えて抗体ができる。ウイルスが侵入した際は、抗体が結合し感染や重症化を防ぐと期待されている。動物実験では抗体ができることを確認しているという。

 計画では、新型コロナウイルスに感染歴がないなどの条件を満たす健康な成人が対象。投与量の多いグループと少ないグループ各15人に、2回ずつ筋肉注射し、重大な副作用がないなど安全性が確認されれば、秋には次の段階の試験として対象を400人規模に拡大し、十分に抗体ができるかどうか確かめる。

 ワクチンをめぐり、大阪府の吉村洋文知事は、年内に20万人分を製造し、来年春から秋にかけて一般に向けて実用化を目指す計画を明らかにしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus