29日の東京株

517円安 コロナ再拡大で景気回復遅れ懸念

 週明け29日の東京株式市場の日経平均株価は大幅に反落し、節目の2万2000円を割り込んで取引を終えた。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴って景気回復が遅れると懸念された。終値は前週末比517円04銭安の2万1995円04銭で、2週間ぶりの安値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は28.15ポイント安の1549.22。出来高は約12億4900万株。

 国内では新規の感染確認が緊急事態宣言解除後の最多となるペースで増え、米国では南部や西部州の感染被害が目立つ。世界の感染者は1000万人、死者は50万人を超えたと伝わり、経済が広範に抑制されるとの警戒感が強まった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus