海外情勢

「行動せず」とフェイスブック批判 広告ボイコット団体が会談

 米交流サイト大手フェイスブック(FB)への広告ボイコットを主導している団体は7日、FBのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)らと会談した。FB側がヘイトスピーチや偽情報の根絶に向けた具体的な行動を約束しなかったと批判。要求を深刻に受け止めるまでボイコットを拡大させる考えを示した。

 団体幹部は声明で「FBがまだ、利用者や広告主、社会全体に対し、責任を果たすことを拒んでいることに非常に失望している」と述べた。FBに対し、ヘイトや偽情報に関し、商品や規定を審査する公民権の専門知識を持つ幹部を雇うことなどを要求したという。

 FBは声明で、250を超える白人至上主義団体を禁止してきたとして「言葉ではなく、行動によって判断されると分かっている」と述べた。

 団体によると、約千社が広告の一時停止に同意。これまでに、米飲料大手コカ・コーラなどが参加を表明した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus