海外情勢

米ユナイテッド航空 従業員の4割一時帰休の可能性

 米航空大手のユナイテッド航空は8日、全従業員の約4割に当たる3万6千人を10月以降に一時帰休とする可能性があると社内に通知した。新型コロナウイルス感染拡大で旅客需要の低迷が続き、大規模な人員削減が避けられない情勢だ。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が伝えた。

 米航空業界は米政府の支援を受け経営破綻の懸念は遠のいたが、旅客需要の回復には数年かかる見通しだ。アメリカン航空も米政府との雇用維持の約束が切れる10月以降、管理部門で3割に当たる約5千人を減らす案を検討している。

 ユナイテッドが通知したのは客室乗務員1万5千人、パイロット2250人などとなっている。自主的な退職を募っており、一定程度の強制解雇も必至とみられる。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus