国内

政府、予備費支出を閣議決定 コロナ対策で1兆1257億円

 政府は7日、新型コロナウイルス対策の予備費支出を閣議決定した。6日までの調整では総額は1兆1257億円で、新型コロナの影響で業績が悪化した中小企業などを支援する「持続化給付金」事業に追加分9150億円を充てる。予備費使用に関し、7日午前に非公開の衆院予算委員会理事懇談会で、午後には参院予算委員会理事懇談会でそれぞれ説明する。

 政府は今年度の第1次、第2次補正予算で、新型コロナ対策として計11兆5千億円の予備費を計上した。野党側は巨額予備費に関し、国会による支出のチェックが必要だと主張し、政府に説明を求めていた。

 持続化給付金は、新型コロナの影響で収入が半減した中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を手当てする制度。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus