海外情勢

中国のある政府系機関の食堂で食べ残しに罰金、125グラム超で約15円

中国新聞

 湖南省長沙市の政府系機関のある食堂では、食べ残した量が125グラムを超えた客から罰金として1元(約15円)を徴収する仕組みを導入した。飲食における浪費行為をなくすための「重要指示」を受けたもので、利用客に「文明的な食事、浪費根絶」を促している。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus