5時から作家塾

パタヤ・ハノイの北朝鮮レストラン、国連制裁を生き抜くも新型コロナで閉店 (2/2ページ)

 また、聯合ニュースの日本語版は、ハノイの北朝鮮レストランが全閉店と読み取れるような記事を配信しているが、もう1店の高麗レストランは営業確認できている。著者が7月末に電話したら、北朝鮮人女性と思わるスタッフが対応した。さらにグーグルマップの同店紹介には6月、7月に訪れたと思われる日本語での感想が確認できる。コメントを見ると1本1300円以上と高額な「大同江ビール」も提供されているようだ。

 パタヤの木蘭は、6月、7月と電話すると6月は呼び出し音が鳴っていたが、7月は「番号が使われていない」のアナウンスに切り替わっていた。店の名刺の携帯電話も呼び出し音のみで誰も出ない。

 隣接するいわくつきのホテルは、ホテル予約サイト上では予約できるので営業しているようだ。ホテルの目の前にはマーブプラチャンという大きな貯水池が広がり、周辺は韓国系の工場が立ち並ぶ。さらに車で30分ほど東へ走るとゴルフ場もあるなどパタヤの喧騒とはかけ離れた閑静なリゾート地といった感じの中にあった。(筑前サンミゲル/5時から作家塾(R)

5時から作家塾(R)
5時から作家塾(R) 編集ディレクター&ライター集団
1999年1月、著者デビュー志願者を支援することを目的に、書籍プロデューサー、ライター、ISEZE_BOOKへの書評寄稿者などから成るグループとして発足。その後、現在の代表である吉田克己の独立・起業に伴い、2002年4月にNPO法人化。現在は、Webサイトのコーナー企画、コンテンツ提供、原稿執筆など、編集ディレクター&ライター集団として活動中。

5時から作家塾(R)のアーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus