海外情勢

欧州で新型コロナ感染再拡大 スペイン非常事態再宣言、仏は1日5万人超え

 【パリ=三井美奈】スペイン政府は25日、新型コロナウイルス感染の広がりを受け、全国で非常事態を宣言し、夜間外出を禁じると発表した。フランスでは25日の発表で、1日当たりの感染者数が欧州で初めて5万人を突破した。

 スペインが新型コロナ対策で非常事態を宣言するのは2度目。外出禁止は午後11時~午前6時で、各自治州の判断で、開始と終了の時刻をそれぞれ1時間ずらすことができる。

 非常事態宣言の期間は15日間で、6カ月間の延長が可能。スペインでは今月、感染者数の累計が100万人を超えた。3~6月の最初の非常事態では、全国で外出禁止や商店閉鎖の措置がとられた。

 フランスは今月17日、パリなど大都市圏で午後9時~午前6時の夜間外出禁止令が施行された。22日には地域を広げ、国の人口の約3分の2が対象となったが、感染拡大に歯止めがかからない。10月半ばに2万人前後で推移していた1日当たりの感染者数は、2週間でほぼ倍増した。25日の発表で、1日当たりの死者は116人だった。

 また、イタリア政府は25日、飲食店の午後6時以降の営業禁止を発表した。映画館や劇場、ジムは閉鎖される。期間は1カ月。イタリアでは25日、1日当たりの感染者数が2万人を超えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus