菅首相記者会見詳報

(1)首相「厳しい状況を好転させるには欠かせない措置」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は13日の記者会見で、新型コロナウイルス対策となる特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に京都、大阪、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜の東海2県、栃木、福岡の計7府県を追加したことを明らかにした。期間は2月7日まで。会見の詳報は以下の通り。

 「先ほど新型コロナ対策本部を開催し、緊急事態宣言の対象に栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の7府県を追加することを決定しました。期間は2月7日までであります」

 「先の1都3県に続き、他の地域においても厳しい状況が続いています。皆さんも不安に感じておられることと思います。しかし、この厳しい状況を好転させるためには欠かせない措置であることをご理解たまわりたいと思います。必要なことはあらゆる手段を尽くして取り組んでまいります。制約の多い生活でご苦労をおかけいたしますが、なんとしても乗り越えていかなければなりません。国民の皆さんのご協力をお願い申し上げます」

 「追加した7府県については新規感染者数、病床の利用率などいわゆる『ステージ4』に相当する指標が多いこと。東京圏、関西圏、中部圏、福岡県、こうした大都市に人口が集中しており、全国に感染が広がる前に対策を講じる必要があること。こうした要素に基づいて専門家のご意見もうかがい、判断しました」

 「対策の内容は、前回と同じく飲食店の夜8時までの(営業)時間短縮、テレワークによる出勤者数7割減、特に夜8時以降の不要不急の外出の自粛、スポーツ観戦、コンサートなどの入場制限。こうした4つの対策になります」

 「今回対象になる地域以外にも、『ステージ4』に向けて感染が拡大している地域については、緊急事態宣言に準じる措置として、飲食店の時間短縮など同じ4つの対策を講じる場合には国として宣言の対象地域と同じ支援を行うこととします。タイミングを逸することなく効果的な措置を講じてまいります」

 「緊急事態宣言は法律に基づいて幅広い措置をとるものであり、感染対策を徹底する強力な手段であります。一方で、皆さんの生活を大きく制約するものであり、政権として発出するのか、いつ発出するかについては最善の判断をする必要があると考えています。(昨年)12月31日に、東京都の感染者数が1300人となりました。この数字を見て、私はより強力な措置が避けられないと考えました。専門家からもまさに緊急事態宣言発出時期に至ったとの提言をいただきました。強い措置を一挙に講じることで何としても感染拡大を食い止めるため、1都3県を対象に緊急事態宣言を決定しました」

 「さらに今回は、全国への感染拡大を防ぐために、対象地域を追加します。これまで1年近くの経験に基づいて効果のあるものはすべて対象とし、徹底的な対策を行います。特にかねて感染リスクが最も高いといわれている飲食については、夜8時までの飲食店の時間短縮を要請します。さらに不要不急の外出については、飲食店が閉まる夜8時以降だけでなく、日中も控えていただくようお願いをいたします」

 「また昼間の時間帯や夜8時までについても、お酒を飲んで大きな声を出す、距離を取らずに座るなど、感染リスクの高い飲食を避けていただきたいことはもちろんのことであります」

 「今回の対策全体が効果をあげるには、国と都道府県がしっかり連携し、国民の皆さんのご協力をいただくことは極めて重要なことです。昨日1都3県の知事と意見交換を行い、今後、連携をして対策を行っていくことを確認をしました。今後、今回追加された府県を含めて政府と各都府県との連絡会議を新たに設けます。この連絡会議の議論を通じて、感染拡大を何としても防ぐために、都道府県には地域の実情に踏まえた対策を実行したいただくとともに、国としては最大限必要な支援を行ってまいります」

 「医療体制の確保にも全力をあげています。東京都ではコロナ病床確保のために、国と1つのチームになって、国がしっかり財政支援をした上で、ひとつひとつの病院に直接働きかけを行い、今年になって500床の病床を確保しました。今後、他の地域においても同様の取り組みを行い、病床の確保を徹底的に進めてまいります」

=(2)に続く

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus