国内

自民、ワクチン接種体制整備など政府に提言

 自民党の下村博文政調会長は19日、菅義偉(すが・よしひで)首相と官邸で会談し、新型コロナウイルス感染症の収束に向け、ワクチン接種の体制整備などを求める党の提言を手渡した。接種する人の優先順位や時期を国民に分かりやすく発信することや、製薬会社と地域の連携による確実な配送網の整備、接種による副反応に対する迅速な対応などを訴えた。出席者によると、首相は「政治主導でしっかりと臨んでいく」と述べた。

 提言は3段階のロードマップ(工程表)を示した。第1段階では、感染拡大の抑止のため感染患者を受け入れる民間病院への積極的な財政支援などを打ち出した。第2段階では、変異種を含むウイルスの封じ込め体制確立に向け、2月初旬までの新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正などを挙げた。第3段階として、集団免疫の形成に向けたワクチン接種の体制整備と迅速な普及を求めた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus