海外情勢

スエズ運河、足止め321隻 コンテナ船座礁事故 国際物流への影響拡大

 【イスタンブール=佐藤貴生】国際海運の要衝であるエジプト北東部のスエズ運河で、「正栄汽船」(愛媛県今治市)が所有する大型コンテナ船が座礁した事故で、エジプト運河庁のラビア長官は27日、記者会見で321隻が足止めされていると述べた。事故に伴う損害額は1日当たり推計96億ドル(約1兆500億円)に上り、国際物流への影響が拡大している。

 コンテナ船は台湾の「長栄海運」が運航する「エバーギブン」。中国からオランダ・ロッテルダムに向かっていた23日に座礁し、航路をふさいで停止した。全長約400メートル、幅約60メートルと世界最大規模の大型船で、約1万8000個のコンテナを積載している。油漏れはなく、インド人乗組員25人に負傷者はいない。

 ラビア長官は会見で船のかじが動くことを確認したとし、外国の支援に謝意を述べたが、「技術的問題や人的ミスが原因の可能性がある」として調査する方針を示した。

 ロイター通信によると、沿岸に乗り上げた船首の周囲の土砂は重機で約2万トンが除去された。オランダの会社などが船尾をタグボートで引き、潮の干満を利用して「てこの原理」による船体移動を試みている。船体を軽くするため船首付近のコンテナ約600個を降ろすことも検討されている。

 アジアと欧州を最短距離で結ぶスエズ運河は海上輸送物資の約12%が通る大動脈。通航不能の状態が続いて船舶がアフリカ大陸の南回りに航路変更すれば、さらに2週間を要して燃料費もかさばる。陸路や空路へのルート変更を検討する会社もあり、物流の遅れが深刻化しつつある。【座礁を警戒すると…】NY原油、大幅反発

 運河庁は25日、全船舶の運河航行の停止を発表。正栄汽船は同日、「荒天に遭遇して座礁した」とし、航行に大きな被害をもたらしたことを謝罪した。

 スエズ運河は1869年に開通。英仏の支配をへてエジプトが1956年に国有化を宣言した。液化天然ガス(LNG)やLPガスのほか、自動車などの工業部品を運ぶ船が年間2万隻近く利用している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus