国内

リアリティー番組「テラスハウス」 BPO放送人権委「放送倫理上の問題あり」

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さん(享年22)が5月、会員制交流サイト(SNS)で誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を受けた後に死去した問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は30日、「放送倫理上の問題があった」とする見解をまとめた。

 同委員会は見解の中で、同番組はネットフリックスで先行して配信されており、その時点ですでに木村さんは誹謗中傷され、自傷行為に至っていたことを指摘。その後のフジテレビでの放送決定の過程には、木村さんの精神的な健康状態に対する配慮が欠けており、「全体として問題の深刻さの認識に甘さがあったことは否定できない」とした。

 その上で、フジテレビに再発防止に努めるよう要望し、放送界全体が自主的な取り組みを進めるよう期待するとした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus