国内

ミドリムシからプラ生産 ユーグレナなど3社、東大と共同開発へ

 バイオベンチャーのユーグレナは、セイコーエプソン、NEC、東京大学大学院農学生命科学研究科の岩田忠久教授と共同で、ミドリムシからプラスチックを生産する技術の開発に取り組む。

 ミドリムシに含まれる糖類「パラミロン」を使うことで、石油由来のプラスチックよりも製造段階で排出される二酸化炭素(CO2)の排出量削減を後押しする。

 セイコーエプソンが古紙などに含まれるセルロースを分解して糖分を生成。ユーグレナはこの糖分を使ってミドリムシを培養し、パラミロンを抽出。NECでパラミロンを使ったプラスチックを生産する。

 ユーグレナなどはパラミロンを使ったプラスチックを「パラレジン」と命名し、2030年までに年間20万トン規模の生産を目指す。

 また3社による共同組織「パラレジンジャパンコンソーシアム」を立ち上げ、パラレジンの普及推進を目指す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus