国内

「重要事業の安定継続を」 東芝買収提案で梶山経産相

 梶山弘志経済産業相は7日の記者会見で、東芝が英投資ファンドから買収提案を受けたことに関し、一般論としながら、「海外投資家の属性にかかわらず、わが国の経済・社会にとって重要な事業を安定的に継続できる経営体制が構築されることが重要だ」と述べた。

 また東芝に関しては、「さまざまなインフラ整備に関わっている」として、事業が安定的に継続できるかについては「注視していきたい」と述べた。

 原子力事業を持つ東芝は昨年に施行した改正外為法で重点審査の対象となる。この点での対応について梶山氏は「個別企業の案件であることから、お答えはいまの時点では差し控えさせていただきたい」とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus