国内

大阪府警が特別警戒 飲食店窃盗被害防止へ

 大阪府警は9日、「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が適用されている大阪市内の繁華街などで、飲食店を狙った窃盗被害などを防ぐための特別警戒を始めた。

 府警本部前であった出発式で、地域部の利岡(としおか)孝一朗参事官は「感染防止に留意し、府民の安全安心を確保してほしい」と訓示。その後の取材に「夜間はしっかりと戸締まりをするなど、防犯対策の徹底をお願いしたい」と呼びかけた。

 夜には、大阪市浪速区の通天閣近くでパトカーや地域部所属のパトロールバイク「青バイ」が見回りを実施。特別警戒は重点措置期間の5月5日まで府内全域で行い、その後も感染状況次第で続ける。

 府警によると、3月下旬から人通りが減った深夜の繁華街を中心に、営業自粛や時短営業によって閉まっている飲食店などの窃盗被害が相次いで発生。重点措置が始まった今月5日未明には、大阪・ミナミでカニ料理店のオブジェが壊される被害も起きた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus