国内

ワクチン、若干量が廃棄に 河野担当相「現場対応で打って」

 河野太郎ワクチン担当相は13日午前の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンに関し、12日に始まった65歳以上の高齢者への接種の中で余った若干量が廃棄されていたと明らかにした。「他市、他県の方でも、一向に構わない。全く制約はないので、ワクチンが廃棄されないように現場対応でしっかりと打ってほしい」と述べた。

 また、26日からの2週間で自治体に配送する予定のワクチンについて、5回接種の注射器で計算した場合に390万回分となる4000箱の配送上限に対し、約714万回分の7322箱の要望が自治体からあったと説明。

 4月下旬からの大型連休中に接種を予定している186自治体に約55万回分のワクチン563箱を配送した上で、残りの要望は傾斜配分して配送することで対応する考えを示した。

 今回要望に満たなかった自治体は5月10日の週からの配送で不足分を補うとしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus