国内

自民・野田幹事長代行「説明責任が自民議員の役割」処理水の風評被害対策に

 自民党の野田聖子幹事長代行は13日の記者会見で、政府が東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水の海洋放出を決めたことについて、政府方針に理解を示した上で「科学的知見に基づき、漁業を営んでいる人らが抱える不安を解消する努力をしていかないといけない。説明責任を果たすことが自民党国会議員の役割だ」と述べ、風評被害対策に取り組む必要性を強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus