国内

ワクチン1日5千回、大規模接種センター計画 大阪も5月24日に同時開設 

 政府が新型コロナウイルスのワクチン接種を迅速に進めるため計画している大規模接種センターに関し、大阪府でも東京都と同じ5月24日に開設する方向で検討していることが28日、分かった。大阪、兵庫、京都の2府1県の65歳以上の高齢者を中心に、1日5千回の接種を目指す。期間は3カ月で計45万回の接種を行う。高齢者の次に優先接種の対象となる基礎疾患を抱える人や介護施設職員についても、接種券が届いた人は対象とする。

 接種会場は、大阪市内の府立体育会館や府立国際会議場が候補に挙がっている。2府1県以外の住民に関しても、大阪府内で勤務している人を中心に受け入れる方向で調整している。東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の住民を対象としている東京都の大規模接種センターも、同様の措置を取る考えだ。

 計画では、午前8時から午後8時まで接種を実施。土日も同様に行う。自治体によっては接種を平日のみとしているため、土日しか接種できない人に対応できるようになる。早ければ5月に承認される見通しの米製薬会社モデルナ製(承認申請中)を使用する。

 防衛省が中心となって運営し、自衛隊の医師資格を有する医官や、看護師資格を持つ看護官がワクチン接種に従事するほか、民間から派遣された看護師も接種に当たる。受付や誘導などの事務員も民間派遣会社を利用して人員を確保する。防衛省は全国各地の自衛隊から医官約70人、看護官約200人を集め、東京と大阪のセンターに割り振る。

 東京都の大規模接種センターは、菅義偉(すが・よしひで)首相が27日に岸信夫防衛相に設置を指示。1日1万回、3カ月間で計90万回の接種を目指す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus