国内

経団連会長、宣言延長「やむを得ない」

 経団連の中西宏明会長は7日、政府が緊急事態宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置の延長を決めたことについて、「医療提供体制の逼迫(ひっぱく)が続く現状を踏まえ、総合的な観点から、やむを得ない判断をしたと受け止めている」との談話を発表した。

 さらに、「この難局を乗り越えるためには、検査体制、医療体制の拡充と、ワクチン接種のスピードアップが欠かせない」と指摘。経団連としても「引き続き、テレワークの活用、非接触型ビジネスの推進、従業員がワクチン接種をしやすい環境づくりなど、感染拡大防止と経済活動の両立に向けて全面的に協力する」とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus